スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院してましたw

ご無沙汰してます。
地震の後、ブログ再開なんていきまいてましたが、
その後すぐ、いとこが肺がんのために亡くなったり
我が業界のチャリティーイベントの準備なども重なり、
なかなか更新することができませんでした。


我が業界のイベントは、3月27日(日)に予定されており、
その前日は、売り物のおでんなどの仕込を事務所でやってました。
出来上がったおでんの味見をしながら、
ちょっとビールを飲んだりなんかもして
山田(仮名)、とても元気に過ごしておりました。


が、


その日の夕刻あたりから、
どうも調子が悪くなってまいりまして・・・。
なんか吐き気がするんですよ。


最初、食あたりかと思ったりもしましたが、
私以外にそんな症状を見せる人もおらず、
疲れかな~なんて思っておりました。


で、その夜。


吐き気が治まらず、そのうちミゾオチあたりが痛くなり、
う~う~唸って転げまわるくらいの状態になりました。
胃痙攣???などと思っていたら、
今度は強烈な寒気と震えが襲ってきました。
そのとき、自分が発熱していることもわかりましたが、
体温計を取りにベッドを這い出すこともできず、
ただひたすら布団の中で震えていました。


体は燃えるように熱かったけど、
手足は氷のように冷たくて、
いっこうに温かくなってきませんでした。


そんな状態で約3時間ほど我慢していましたが、
いよいよおかしいと思い、救急車を呼んでもらって、
近所の救急病院へ運び込まれました。


私の痛がり方を見ながらもお医者さんは
「山田(仮名)さん、どうされましたか?何処がどうゆうふうに痛いの?」
と、かなり厳しい口調で聞いてきました。


息も絶え絶えに症状を説明しましたら、
とにかく原因を見つけなくてはということで、
血液検査、エコー検査、造影剤を投入してのCT検査と
いろいろやってくださったのですが、原因は特定できないとのこと。


「たぶん急性胃腸炎のような感じなので、胃薬を出しておきます。
 それ飲んで様子を見てください。」という診断結果。


38.5度の熱を出し、当然痛みも治まらないまま帰宅。
もう布団に入ることもできず、
ダウンジャケットを着たままコタツに入って、
温度を最強にして震えながら寝ました。


翌日曜日。
痛みも熱も引かなかったので、
当然ながらイベントに参加できず、
あまりの痛みに食事も喉を通らないまま、胃薬だけを飲む。
1日中クマ(仮名)さんに添い寝してもらって、なんとかやり過ごす。


そして運命の月曜日。
37度台に下がったとはいえ、まだ発熱は続いていたので、
インフルエンザだったら厄介だなと、近所の町医者へ。
その頃には、おなかの痛みは右下に移動してました。


症状を伝えると、
「風邪のような症状がないインフルエンザは滅多にないから。」と言われ、
別のものだろうということで、痛みのあるおなかを見てもらいました。


右下腹部を押され、「ここは痛い?」と先生。
「あ、はい。痛いです。」顔をしかめながら答える私。
「じゃあ、手を離すとき響く?」と先生。
「はい、響きますね。」苦笑いで答える私。


間髪入れず「典型的な急性虫垂炎やね。紹介状書くから、外科に行きなさい。」
へ?盲腸っすか???
「これからすぐ行って。
 切るかどうするかは外科の先生が決めると思うから。」


そんなこんなで、結局土曜日に救急搬送された病院へ
その町医者の紹介状を持って走りました。


そこでまたまたエコー検査を受け、
外科の先生から
「たぶん破れてるかもしれないから、即手術した方がいいと思います。」
という衝撃の発言が!!!


その日のうちに手術を受けましたが、
完全に破れて膿が出ていたそうです。
症状が案外ひどかったため、本来なら4日間の入院が
1週間と伸びてしまったわけです。


手術中も2度ほど血圧が下がり、
半身麻酔の手術だと言うのに途中から酸素マスクをかけられ、
時間にすれば30分ほどのことでしたが、本当に死ぬ思いでした。


土曜日に見つけてくれていれば、こんなにひどくなってなかったかも?
そう思わなくもなかったけれど、
まぁ無事に帰還できたし、
心なしか先生も看護師さんも優しかったし。
このことは不問にふすことにしました。


ひとつ心に残ったこと。
救急搬送されて、痛みに苦しむ私にドクターが放った一言。


「なんで救急車できたの?」


すぐに意味を理解することができなくて「は?」と聞き返したら、


「いや、救急車を呼ぼうと思ったキッカケは何だったのかってこと!」
かなりきつい口調で言われてしまって、
「痛みがひどくてどうにもならなかったし・・・
 自分で運転するのも無理だと判断したからです・・・。」


痛みに耐えて答えたものの・・・
じゃあ救急車ってどんなときに呼ぶのが正しいのかしら?
この程度の痛みで呼ぶのは、いけないことなのかしら???


私の答えを聞いて「ふ~ん・・・」と言ったドクター。
救急車を呼んでしまったことをちょっと後悔してしまいました(^^;


というわけで、昨日やっと退院してきましたが、
まだちょっと痛みが続いており、
せっかくいただいたコメントにお返事もできてない有様で・・・
本当に申し訳ありません。
もう少しお待ちくださいね。
必ずお返事させていただきますから(^^;


そしてちょっと嬉しかったこと。
昨日、ワクチン注射とフィラリアの検査のために
ここみるコンビを病院へ連れて行ったのですが、
みるくさんの検査結果が、フィラリア(-)になってたんです!!!


今年の初めにフィラリアの手術をしたのが良かったのかな~。
全部取り除けたのかもしれませんね(^^)
桜の季節にちょっと嬉しいご報告でした☆


スポンサーサイト
     

コメント

良かった♪

まずは退院、おめでとうございます♪。まだ痛みがある
とのこと、あまり無理なさらずに( ̄ω ̄;。それにしても
色々あったのですねえ。しかもエライ急な感じで(^^;。
クマさん、よっぽど心配だったんですね。いい子ちゃん
です(ё∇ё)。

みるくさんのフィラリアの件も良かったです!。順調に
回復してますねヽ(´▽`)/~♪。

UNOパパ

お久しぶりです えらい目にあってたんですね
盲腸って初めの医者なんで分らんかったんかなあ?
それにしても心の冷たい医者
後も大切だから無理しないでお大事にね
ミルクさんフィラリアマイナスでよかった!

初めのお医者さん
ひどすぎv-12
訴えたい位

でも、良かったです
全快して(^^)
ミルクさんの結果もとっても嬉しいですね
ママさんの努力と祈りが実りましたね

(T▽T;)
あらっ。盲腸で入院してたんですね・・・汗
痛そうだぁ(涙)
てか、最初のお医者さん酷すぎませんかね??怒
なんで救急車呼んだって辛いからだょ。爆
盲腸だって見つけてもくれなかったのによくもそんなことが言えたもんだぁー!!って、私なら怒りが納まらず入院中に文句言いまくっちゃうかも?
ちなみに私、ギックリ腰で歩けず這いつくばって病院に行ったことがあるんだけど(笑)スム父カーでなんとか行ったんだけどその時はなんで救急車呼ばないの!!って怒られて・・・。
だって這いつくばれるし?痛いけど腰以外は大丈夫だし?
みたいな感じだったなぁー。笑
なんだか私が掛かった先生と真逆なことを言うお医者さんですね・・・。
とにかく良くなったようでよかったゎ♪
まだ術後間もないこともあって傷が痛むと思うから無理しないでねー!

そしてみるくちゃんの体内からフィラリアがっ!!
陰性だったなんてめちゃうれしぃねー( ´艸`)ムフッ♪
陰性になったってことはフィラリアのお薬みんなと同じように毎月飲むだけで今後は大丈夫なのかなぁ?

ビックリしました。
大変なことになってたのですね。

最初に病院へ行った時にわかっていたらそんなに
酷くならなかったかもしれないのに…。
「なんで救急車で来たの」 て言った医者に
「救急車に乗ってまで来たかいないじゃんよ」
て言ってやりたいですね。

でも無事に手術が終わって良かったです。
まだ無理せず、ゆっくり順調に回復して下さいね。
ミルクさんも-になってて良かった!
本当の春はこれからですね☆

でもでもお互いに体には気をつけたいものですが…(^^;

UNOパパさんへ。

どうもありがとうございます。
本当にイキナリきたんで、
私自身もビックリしましたよ~(^^;
最初の痛みがミゾオチあたりだったので、
自分でも、まさか盲腸だったなんて思いもしませんでした。
そんな私に1日中ピッタリ寄り添って添い寝してくれたクマ(仮名)さん。
今ではなかなか添い寝もしてくれなくなりまして、
それでも目に見えない何かから私を守ってくれてるような、
ちょいとオカルトふうなテイストが見られるクマ(仮名)さんです(笑)

みるくさんのフィラリア(-)には
思わず小躍りしてしまいそうになりました(^^)
みるくさんはいっぱいつらい思いをしてきたのだから、
これからもっともっと幸せにならなくちゃいけませんから♪
これできっとみるくさんは寿命を全うできると思います(^^)
本当に良かった~♪

naoさんへ。

お久しぶりです(^^)
お元気ですか?

ね~、もうほんと、エライ目に遭いました。
腹膜炎の一歩手前だったみたいです。
1週間の入院で済んで、ある意味ラッキーでした。
腹膜炎だったら1ヶ月なんですって!!怖い怖い(^^;

若いお医者さんだったので、
もしかしたら研修医だったのかも???
最初、救急搬送を断られたんですよ。
「診れる医者がいない」ってことで。(救急指定病院なのにね)
でもどこも受け入れ先が見つからなかったので、
仕方なくその病院に搬送されたって経緯があるんですけど・・・
それにしても、ほんまに診れなさすぎw
普段病気とあまり縁がないんで、
かかりつけ病院がないんですよね。
どっか探しとかなきゃって思いました(^^)

con spiritoさんへ。

まわりからは「訴えてもいいレベル」と言われてますけど、
まあ大事に至らなかったわけだし、
しなくてもいい喧嘩はやめとこうと(笑)
退院前に患者さんに配られるアンケート(入院に関するものらしい)も
私には配られなかったw
カルテを見て、担当の先生が私に謝ってくれましたよ。
「痛い思いさせてしまったようで、ごめんね」って。
もうそれでいいかなと(笑)
きちんと診れなかったあの先生も
これから経験をつんで、立派なお医者さんに成長して欲しいです。

みるくさんのフィラリア結果、本当に嬉しかったです(^^)
手術に耐えてくれたみるくさんと
執刀(?)してくださったお医者様に感謝感謝です(^^)

スムチー母さんへ。

こんにちは~
うん、この年で恥ずかしながら盲腸の手術をいたしましたw
20歳くらいのときに1回薬で散らしたことあるんだけどね。
45にもなって再発ですわ(^^;
いやもう、本当にしんどかったです。

うちの場合、車の運転できるのが私だけでね。
そのときはものすごい震えがきてたんで、
ハンドルなんて握れなかったわけですよ。
もう本当にガクブルで、携帯すらまともに持てなかったもん(笑)
「なんで救急車呼んだの?」なんて聞かれて、
救急車を呼んでもいいレベルが数値化されてんだろうか!?なんて
痛みでぼ~っとする頭で考えちまったわさ(^^;
そうだよね~
エコーやCT使ってまで検査したのに
胃薬だけ持たせて帰らせたアンタに言われたくないっつうのw
ほうほうのていで病院に行ったのに、
帰るときはもっと痛みがひどくて
まっすぐ立てなかったのよ~
なんかわけわからんかったもん。
ま、でも大事に至らなかったので、
今回は許してやることにしましたw←上から目線

みるくさんのフィラリア結果は本当に嬉しかったよ♪
これからはみんなと同じように予防薬を毎月飲ませるだけ。
もう今年の分は全部買っちゃいましたw
これでもうフィラリアの再発を心配することもないんだよ。
こんな嬉しいことはないわ(^▽^)
もっともっといっぱい幸せになる義務があるんだよね、みるくさんには。
頑張ってきたみるくさんに、神様からのご褒美だね!!

のあママさんへ。

あはは(^^;
盲腸の痛みって、突然やってくるんですね。
最初、私自身も盲腸だなんて思いませんでしたからw
だけど、救急車で運ばれたときが
症状のピークだったんですよ。
そのあとは、なんとか我慢できる痛みでしたから。
町医者にも歩いていったくらいですからね(笑)
その症状のピークで見つけてもらえなかったのは
非常にショックでした。
しかも突きつけられた言葉がこれですもんね。
自分が悪いことをしたみたいな気分になってしまいました。
ただ、痛みが激しくて、
せめてこの痛みだけでも和らげて欲しいと思うあまり、
患者としては文句言えないっていうのもあります。
元気になって初めて、「あのクソ医者ーーーっ!!」って
お下品な発想をしてしまうわけです(笑)
でもおかげさまで日に日に良くなっています。
手術後の痛みは、日にち薬ですからね(^^)
ご心配いただき、ありがとうございましたm(__)m

みるくさんのフィラリアも完治したようですし、
今年はいい春を迎えられそうです(^^)

お互いに体調管理には気をつけましょうね(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!
私にも、衝撃が走りましたよぉ~!
とにかく、無事でヨカッタです・・
娘が小さかった頃、突然、40度を越す熱をだし
救急車をつかったことがあったのですが
そのときも、先生から叱られたのを思い出します・・
でも、あのとき、救急車を使っていなかったら、
娘の腎臓は、ダメになっていたそうです。。。。^^;

こんにちわ。

ご無沙汰しております…そして退院おめでとうございます。
大変な思いをされたようですが、何はともあれ無事に退院できてよかったですねー。
納得のいかない顛末ではありますが…
急病の時には病院を選ぶこともできないし、ましてや医者を選ぶこともできないわけで…健康の大切さを痛感させられる出来事です。
わんこちゃんともどもお大事になさってくださいねー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変な目に会われていたのですね。
私も若い頃盲腸の手術を受けました。
お腹全体が痛くて吐き気もして
ちょっと触られても痛かったです。
段々右下に痛みが集中してきました。
破れる寸前だったと言われました。
無事に退院されて良かったです。
無理をなさらないでくださいね。

みるくさんマイナスになってよかったですね。
猫ちゃんも良かったですね。

鍵コメさんへ。

ご心配をおかけいたしましたm(__)m
もうほぼ完治しております。
どうもありがとうございました(^^)

bunrumamaさんへ。

こんにちは(^^)
返事が遅くなってしまって、申し訳ありません。
いや~・・・ほんとエライ目にあってしまいました。
救急車で運ばれたときに見つけてくれてれば
ここまでひどくなかったと思うんですけどね~
で、トドメの一言ですからね~
痛みがあったり高熱があったりするときって、
本人も家族もどうしようもなく不安なのに
「なんで救急車呼んだの?」はないですよね。
病気のときはお医者さんしか頼れないんだから、
もう少し気遣いのある言葉で接して欲しいですよね。

大変な職業だとは理解してますけど・・・(^^;

娘さん、大丈夫で良かったです。
なんと言われようが
緊急事態だと判断したときには
これからも救急車呼ばせていただきますよ、私はっ!!

M@lauaealohaさんへ。

こんにちは(^^)
コメントありがとうございますm(__)m
大変な目に遭いましたが、生還できた今、
大変貴重な体験だったと思います。
普段健康な私には、かかりつけ医なんていないもんですから
こういう場合困ってしまいますね。
ほんと、いい経験になりましたわw
もし今度こんな目にあって同じ病院に搬送されても、
あの先生だったら診察拒否しちゃいそうです。
名前は聞かなかったけど、顔はしっかり覚えてるからね!!
↑執念深い(笑)

鍵コメさんへ。

お気遣いのコメント、ありがとうございます。
とてもとてもしんどい出来事だったので、
みなさんにも気をつけていただきたいな~と
わんにゃんブログではありますが、私事をUPさせていただきました。
でも最後にみるくさんのこともご報告できたから、
なんとかわんにゃんブログの面目は保てたでしょうか(笑)

そうですよね。
いろいろありますよね。
いつか落ち着く日が来ることを
心から願っております(^^)
私もまだまだ頑張らなくっちゃ!!

chocosukiさんへ。

ご無沙汰してます。ごめんなさい。
なかなかブログに遊びに行けなくて・・・
風太くんは元気ですか?

chocosukiさんも盲腸を経験されてるのですね。
もうまったく同じ症状です!
周りからも「典型的な盲腸の症状」だと言われました。
なのにどうして見つけられなかったのかな~?
診た医者が歯医者だったんじゃないかと
もっぱら笑いのネタになっております(^^;
私の場合は完全に破れていたらしく、
あと1日遅れてたら腹膜炎を起こしてたようです。
ヤバイな~もう(笑)
なってなかったからいいんですけどね~

みるくさんや琴音ちゃんにもお祝いのコメント、
本当にありがとうございます。
とても嬉しいです(^^)

ご無沙汰しちゃってる間に
大変な事になっていたのですね
もう大丈夫ですか?
山田(仮名)さんはきっと辛抱強いから
そんなに痛くないように見えたかもしれませんが
私なんて大げさだからめっちゃ痛がります
っていうかすぐ泣きます
私も数年前に急にお腹が痛くなって
動けなくなった事がありなんとか父しゃんが
帰ってくるまで我慢して病院に行ったら
入院で手術になりましたが
反対に救急車でこなかったから
救急扱いされなくて順番まって
死にそうでしたよ~

みるくさんもよかったですね
そして琴音ちゃんも優しいご家族が
決まってよかったですね

ミュウちゃんままさんへ。

こちらこそ、大変ご無沙汰しちゃいまして、
ほんと申し訳ございませんm(__)m
この年になって盲腸と言うのもどうかと思いますが、
なってしまったものは仕方ありませんね(^^;
しっかり(と言っても5センチほどですが・笑)切りましたw

それにしても救急車を呼ぶ基準って難しいですね。
すぐに診てはもらえますが、
私のように見つけてもらえなければ何にもならないし・・・。
実は先日も腹痛を起こしたのですが、
そのときは救急車呼ばずに自分で必死で運転していきました。
でも受付中に痛みが治まったので、まぁ正解でしたがw
お互いに健康には留意いたしましょう(^^)

みるくさん&琴音ちゃんへのお祝いのお言葉、
ありがとうございましたm(__)m
みんな幸せにな~れ♪

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ざっこくまいさんへ。

お久しぶりです(^^)
元気してましたか?
なんだかバタバタしており、
ブログも放置してしまってます(^^;

救急車をタクシー代わりに使う話は
よく聞きますよね。
私もそういう人たちには腹が立ちます。
医者の言葉もわからないではないんだけど・・・
私の症状でもダメなのかな~と疑問に思い、
またその時点で盲腸を見つけてもらえなかったから
余計ムカッときてしまったのかもしれません(笑)
一緒にムカついてくれて、ありがとう(笑)

みるくさんのフィラリアが陰転したことは
本当に嬉しかったです(^^)
おかげさまでとても元気に毎日を過ごしてますよ♪
ひとえに皆様の応援のおかげと思っています。
本当にありがとね(^▽^)
Secre

     
ここあ’Sプロフィール

山田(仮名)

Author:山田(仮名)

名前:ここあ
2009年1月1日生まれ
ロングコート・チワワの男の子
3月22日に山田(仮名)家の家族になりました。チワワにしてはつぶらな瞳の持ち主。ロンチーなのにスムチーっぽく、っつうよりミニピンが混ざってるようなちょっとかわいさがズレてるここあくんです。
現在4歳8ヶ月
体重 2.7キログラム。


名前:みるく
2009年12月13日に我が家へきました。
シーズーの女の子(年齢不詳)
姫路の保護施設から我が家の一員になりました。出産マシーンとして扱われ、最後はネグレクトを受けていたけど、日に日に犬らしさを取り戻しています。おとなしいけど食べ物が絡むと犬が変わります(笑)
平成25年9月15日 虹の橋へと旅立ちました。
我が家に来て3年9か月でした。

名前:山田(仮名)
このブログの主。ここあ&みるくの母ちゃん。40代後半。動物を愛する貧乏人。犬猫にお金かけちゃってるので、ゴルフはやめました(笑)夢は宝くじを当てること。最近ロト7を買い続けている。が、毎回かすりもしないのはなぜ?orz
体重:ヤ、ヤバイ・・・。

ツイッター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター
里親募集
知ってください。
犬 殺処分
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。